工房の窓 (2009年6月〜8月)


2009/06/06

糸のさばき方・・・
染色の作業にどれだけ糸のさばきをするでしょうか。糸をさばくと糸がからむことがありました。
糸が踊ると言うといいでしょうか。今回豆汁講座に参加した方から良いものを見せていただき
以後工房でもこの方法で糸をさばいていきたいと思います。こう方法で糸をさばけば糸が踊らず、
綛が上手く「ひびろ」一杯に広がってくれます。私達も最近はなかなか学べる事が少なく良い物は
良いと参考にさせていただき、積極的に使っていきたい。
工夫と努力が進歩の始まり、綛の中に両手を入れてクルクルと動かすのです。言葉では表現が
難しいですね。工房に来て見てください。これは素晴らしい方法です。

2009/06/21

竹林の写真・・・
八坂の掃除でお隣に竹林があります。竹林が綺麗で写真をいただきました。
と言うのも工房が織っている竹糸は写真ような竹ではありません。
これは「孟宗竹」竹繊維は「バンブー」です。
何処が違うかは竹には三種類あります。「竹・笹・バンブー」です。
竹や笹は地下茎で成長し、バンブーは株立ちです。バンブーは1本が大きく
繊維が多くいただけることが出来て、今のところバンブーで繊維が生まれて
います。是非、日本の竹で繊維が出来るように願いたいものです。

2009/06/29

今年で名古屋市博物館ギャラーリにて「明治の縞展」「尾州の縞展」9回目になりました。
初めてお借りする時に主人がまず10年を頑張ろうと話しておりました。何と消極的なことを
言うと内心思っておりましたが、半ばで事故で3年織る事が出来ず辛い事もありました。
病になって織れなくなった方もあります。今になって、なるほど10年か・・・と思います。

今回は生徒さんが様変わりをして本数的には一番少ない本数です。反物23点(竹糸2点)
着物4点(シルクの振袖2点・竹糸1点等)半反で作ったシャツ等8点 しかし内容は素晴らしい
物になりました。日曜日5日まで展示をしております。

東京の生徒さんが真竹で染めた振袖等も展示してありますよ、みなさんのご来場をお待ちして
おります。毎年名博が始まる季節に「南京はぜ」の花を見ます。染材にも使う好きな樹木です。
葉はハート型をして、新緑の素晴らしいこと。秋の紅葉もまた素晴らしいのです。
大きな実が秋には黒になり、白くなってはじけてと年中楽しめる樹木です。山荘にも何本も
植えました。会場に来る度に木々を見上げる日々がつづきます。

2009/06/30

中日取材・・・
密度の濃い展覧会になる。友人知人が先ずは駆けつけてくれる。これには毎回感謝です。
毎回勢い付いて一人、二人と会場が賑やかになる。 久々の中日新聞の取材が入り、これで
また勢い付くと感謝。「気持ちが癒される」と出てお出でになる方々。
「色が自然ですから・・・」

2009/07/01

新聞取材の効果・・・
展示の様子を撮りました。黄色のシルクの振袖「真竹染め」です。
赤い振袖は十三参り用でアカネをふんだんに使って染めました。縞の振袖も素敵です。
半反で織った生地で作った愛情たっぷりのシャツ等です。

2009/07/02

静かに流れる時間・・・
会場に入って一人ひとり静かに時間を過ごす。靴音もたてずに静かに一点一点を丁寧に
ご覧いただいています。出口で待つ私どもと話しに花を咲かせて帰っていかれる。
また来年待っていますと話して。今年はご夫妻が多いと感じます。
一人より二人、もしくはご主人と色んな話しに花が咲きますく。
縞は有り難い・・・「幸せのテーマ」だと思っています。

2009/07/03

写真は名古屋市博物館です。
ドッシリとした大きな建物です。毎年ご縁をいただき
展覧会をさせていただいております。感謝!!!
御来館のお客様のバックを了解を得てパチリ!
うちでは卒業する生徒さんに組織のサンプル織りをします。
色の鮮やかなことで色の参考にお写真をいただきました。
色がはっきりとしていれば組織が好く解かります。有り難い
バックに出会えました。
しかも沢山の写真を気持ちよく撮らせてくださいました。
ありがとうございます。

今日で四日目少し疲れる。
もう少しだ頑張れと主人に励まされて頑張っています。この
四日間、竹糸の着物を着るつもりで名古屋市内の娘の家に
泊まりましたが梅雨で雨模様、断念して家に帰る。
帰れば、家にも上らず染めを始める主人。染めがしたくて
たまらなかったのだと心が痛む。それほど体を動かす主人。
展覧会は楽しくも辛くもあるのです。やる事が沢山有って、
先のその先を見て染めることをする。でなければ縞が織れない。
色糸のストックが一番の大切な仕事です。
今日も沢山のご来場ありがとうございます。

2009/07/04

名博に孫が自分の十三参りの振袖を見にやってきました。
といっても夏には十四歳になります。なかなか完成せずに今日に
なりました。「ごめんね」 無事十三才を過ごせたと思って秋に
お払いをしておきましょう。これから「大人の仲間入り」です。
穏やかな楽しい人生を過ごすようにと「じじ、ばば」が祈って
贈ります。喜んでくれてありがとう。

2009/07/05

沢山のお客様に見ていただきましてありがとうございました。 六百余名の方に足を運んで
いただきました。「落ち着くわ」「心が休まるわ」「縞がこんなに奥深いものとわ」等、
お言葉をいただきありがとう。「竹糸織りの影縞」これはいい!!!竹糸織りを始めて見たと
感動しましたと声を掛けていただき、10年やってきてよかったと感謝しております。
真竹染めの振袖、反物のシャツ等の作品をみて、「いいねぇ」「ほしいね」出口で話しに
花が咲き、「来年もね」とお別れいたしました。10年も開催していれば、待ってくださる方も
多くなりました。会場に直接来てくださる方の多いこと、これも感謝です。
今年も無事終わりました。来年もお持ちしております。ありがとうございました。

2009/07/10

染材には染め時期があります・・・
今年はあちらこちらで梅が元気が無いと聞きます。工房の梅は
古木で40年になります。花も芽もつきませんでした。
染材には早い方が良い、早く切って染料にしてやりましょうと
言うのですが、梅干等にも何年もいただいた木なので切れない
ようです。
写真の右はしっかりと乾燥した花梨です。左は枝も若く少し乾燥
させた梅の木です。見て分るように完熟した木々の方で、しかも
しっかりと乾燥させて使う方が良いようです。梅は今回とても薄く
少しがっかりしました。花梨はピンクに入ったとても赤味のある
肌に染まりました。こうして場所・時期等で同じ染材でも色合いが
異なる事が分ると思います。
しかし液を出せば全て使い切りましょう。
木々の対する「色をくれてありがとう」お礼を込めて。それなりの
色を染めて縞に使い込めばそれは素晴らしい縞が生まれます。

2009/08/20

豆汁日和・・・
工房の夏休みも明けて、持ちに待った豆汁日和です。連日の指導日で前日の豆汁糸も干すと有って、
今日は6kgの豆汁糸を干しています。しばらく豆汁ができなかったので連日豆汁糸で一杯です。
干しては送る日々が続きます。風にそよぐ糸を見ることが何より好きです。豆汁を干す事ができることを
感謝してさぁ〜染めて織りましょう。

2009/08/26

シーチングを精錬して・・・
裂き織り等にも厚さ加減が良いので工房ではこの生地を
良く使います。私は布団のシーツやカバーにも良く染めて
使います。- もう捨てようかと考えた洋綿の布団のカバーを
染めて再度使っています。使い込んで裂き織りにも使う
つもりで良い生地です。天気のよいときに豆汁をしていると
色素の余った液に使う事ができて便利です。
色素も吸って流しましょう。

2009/08/27

知多綿ショール・・・
秋の展示会に向けて、ショールを豆汁する。糸にしろ、布にしろ、豆汁をして風になびく
風景は良い!!!幸せの時間である。 豆汁は優れもので素材にシャリ感に出て洗っても
煮ても落ちるものではない。 染めは何回も重ねて染めるが豆汁はしっかりと素材に付いて
いる優れもの。それが良く染まる利点でもある。染めはそれ!!!
自然の色をいただく時間が幸せの時間。工房はあまり広くは無いとある取材で書かれた事が
あるが、確かに山荘工房とは違う。これまた山荘で白い糸が布が風にたなびけば素晴らしい。
明日はいい天気と指導日の豆汁を準備する主人です。

1月〜5月へ    工房の窓(最新のページ)へ   9月〜12月へ    HPのトップ