工房の窓 2002年9月から11月


9月4日 武豊町歴史民俗資料館友の会の人達と 藍の乾燥葉染めをする

         

9月8日 明治村にて  7年前から樹木染、染織指導 

        

9月22日

明治村は結婚式が何組かあり、たくさんの人たちから幸せを分けていただいた気分になりました。
いつものようにいつものベンチで、主人と二人でおしゃべりを楽しみました。
 今、彼岸花や萩が満開で、一日ゆったりと染織してきました。
萩の赤茶の色を いただいたり、彼岸花の花びら染めをしたりするのに最適の時期ですね。
萩は抽出して 一週間ぐらい酸化させて染めてみて下さい。
秋を感じる今日この頃です。
冬青(そよご)が、かわいい実を付けました。
色はまだですねえ。
10〜3月頃が染め時で、生葉を使用します。
抽出して1週間でワイン色に染液がなれば染められます。
一度いかがですか。
ハナミズキの実が、すこし赤く大きくなってきました。

一年で秋が一番素晴らしいと私たちは思います。
隔週日曜日 染織に村内に入りますが、風景を愛でながら楽しい染織をしております。


是非一度お出かけください。 お待ちしております!

         

日本伝統工芸展 始まる
9月24日〜10月6日 日本橋三越本店 
(無事に終了しました)

          

9月26日
 工房にて 紫根染めをしました。
 絹に豆汁をして紫根染めをします。今回は二回目の重ね染めです。


         

10月9日〜10月14日 名古屋三越 栄本店 にて
 
        初出品・初入選しました
           ⇒  いただいた おハガキです。。。ありがとうございました
                     ・入選おめでとう!貴女の縞はどれも好きです。
                      これからもお身体に気をつけて また良い作品見せてください。
                     ・地味ながら ピカッとしたものがあり 感心しました。
                      「竹糸」という 但し書きがあると良かったように思います。それが残念です。      

・中島さんの 作品を反物の状態から すべて熱心にスケッチしている方が
 いらっしゃいましたよ

         

10月18日                                                                   
菊の花を 大澤さんよりいただく。

工房で初めて咲いた大輪の菊の花。
エネルギーに満ちていますね。
綿畑に着いて
、一声「わぉ〜〜すごい〜〜〜」と一言。

しばらく、こんな時間が与えられて幸せと思いつつ
しかし余りの、多さに終わりは腰に辛いもの有り。
でも、ものが出来る喜びは 格別です。
収穫が終わったら、孫達と種取りします。

         

11月6日

ギャラリーに入るとお人形が迎えてくれます。。。

このお人形は本体から木目込みまで全部生徒さんの手作りです。
ぜひ会場に見に来てくださいね!
常滑屋での作品展。今年も始まりました。
年一度の開催。 懐かしい友にも会えてうれしいひとときです。
藍は落ちるんやわぁ〜と大阪の人。

でもね・・・・ 藍は落ちません。付きません。色水出ません。
下地に豆汁して時間をかけて重ねてみて下さい。。。。と
いろいろな人と語り合える 一日でした。

今年は寒いです。

        

11月10日
6日〜10日までの 常滑屋さんでの作品展は 無事終了いたしました。
会期中 お忙しい中700名の方に 足を運んでいただきました。
ご来場くださいました みなさまには 深く感謝しております。本当にありがとうございました。

実際作品ごらん頂いて どのようなご感想お持ちになられましたか?
見ていただいた方のお声も是非聞かせていただきたく 染織何でも掲示板に 書き込みもお待ちしています。

        

11月11日

常滑屋の壁に野ブドウが立派に張り付いて、青い実を付けて大きく育っています。
そろそろ、今年もネズミ色に染まる時期が来ました。
だし金媒染で染めると、しっかりとしたネズミ色に成ります。
写真(ネズミ糸)何度も重ねた色です。

写真の兼ね合いで・・・色がネズミ色に見えないのが 残念です。

        

11月14日 

紅葉の葉が落ち始まる頃になると、豆汁が乾くのに時間が掛かるようになります。
夜明けも遅くなるとミキサーもかけるのも遅くなります。
出来るだけ速く作業をはじめだし、乾きが遅いので扇風機を利用して乾燥させます。
今から3月頃までこのようにして豆汁をします。
よく晴れた日にはサラサラと白い糸が風に乗ってきれいです。
寒くなる今からも豆汁 をしたいですねぇ。

         

11月20日

樹木の実大きくなる冬。雑木林の中は、小動物の餌になるドングリなどいっぱい。
染織を楽しむ我々はドングリではなくカクトを染材として染めます。
トウカエデの実をご存知ですか。すこし変わった実をしていますが、つくばで採取した もので4〜5煎出して、だし金でネズミ色を戴きます。
皆さんの近くにも有るのではないでしょうか。

         

11月21日

今年はじめて作った茶綿。こんなにどっさり取れました。。
冬の夜なべに、孫娘達と種取り、糸紡ぐかな。

          

11月28日

冬青(そよご)の赤い実です・・・・ 伊那で見つけた冬青の実。
今頃明治村も真っ赤になった実がたわわになっている事でしょう。
冬休みに入った私達は今から3月頃まで、冬青をせっせと染めます。

         

工房の窓(2002年12月) へ進む

工房の窓 へ戻る

HPのトップ へ戻る