草木染めについて

                    ●割染色について●


    一般的に草木染めをする場合、濃い染液を用いて1〜2回で染め上げることが多いかと思います。
    しかし濃厚な染液のため、かなりの染液が残り、ほとんどすべて廃棄されると思います。
    また媒染も一般的に濃いものが使われます。
    二人工房のこだわりの草木染めでは、濃い染色液を何分割に分けて染めるもので、
    「割染色」と呼び、むだを出さない効果的な染色かと考えています。

    その特徴は
        *1回の染色でほとんど全てが吸収される染液と媒染を用いること。
          染色は1〜2年かけて十分に枯らしながら10〜20回染め重ねる。
        *豆汁処理した糸・布を用いること。
        *媒染は身近なものを用いること。
            アルミ媒染:ミョウバン(5%水溶液にしたもの)
            鉄媒染  :鉄釘に食酢を入れ熟成させたもの
            銅媒染  :使用しない

    このように「二人工房のこだわりの染織」は「豆汁処理」と「割染色」と特徴とし、
    できるだけ薬品を使わない、色水を出さない染色を心がけております。

    二人工房では環境に配慮した染織を掲げ、
    2005年に開催される愛知国際博のパートナーシップ事業として登録承認を受け活動しています。

    主な活動として今年(7月に第1回尾州の縞展を開催)より、毎年名古屋市博物館にて「尾州の縞展」を
    開催する予定です。

    ”こだわりの染織”に関心のある方是非一緒に活動し、2005年の尾州の縞展に参加しませんか?



                 ●草木染めの方法について● 

(1)主な染色材料(以下染材と略す)

染色材料
黄色系 カルカヤ ヤマモモ こぶなぐさ
赤色系  紅花 茜
肌色系 杏 木蓮 梅 柳
茶色系 萩 ピラカンサ 冬青(そよご) ドウダンツツジ ホップ
ねずみ色系 栗 つるばみ  矢車附子(やしゃぶし) 野ぶどう 
紺色系 すくも インド藍
染色材料は堅牢度の良いものを選んでいます。


(2)主な媒染
     ・アルミ系:ミョウバンを水に溶かして5%溶液にしたもの
     ・鉄系: 酢酸に錆びた釘を入れて作ったもの (だしがね)


(3)草木染めの方法
      染色液の液出しについては、一般的な方法と大きく変わりありませんが、
      水から煮出して、沸騰して30〜40分煮出し液を取り出す。
      液出しは1〜3煎して全てを混ぜ合わせて使用している。



             <豆汁処理した木綿糸の草木染め>

       @染色前に豆汁処理して一ヶ月枯らした木綿糸を約1時間煮て糸目を広げる。
       A染める前に糸を絞り 綛をさばく
       B
湯の中に元液(一回で吸収される染液)を入れて、
      その中に
糸目を広げた糸を染液に入れて温度が上がるまでよく繰る。
       C沸騰して20〜30分煮る。
       D絞って綛をさばく。
       E媒染(例えばミョウバン水)に20〜30分入れ その間よく繰る。
       F再度染液に戻して20〜30分炊く。その間よく繰る。
       G放冷。
       H絞ってはたいて日に干す。 乾燥後、日陰で枯らした後染め重ねる。



                 <草木染めのポイント>

           *染色前に豆汁処理の糸を煮て、糸目を広げておくこと
           *必要量の染液(糸が全てを吸収する量)、媒染を用いて染める:環境に配慮
           *染色時に十分に温度をかける
           *十分に枯らしながら染め重ね、所望の色に仕上げる



                         

                             トップページへ戻る