2007年  11〜12月の日記


2007/11/03

風邪が抜けなくてグズグズ過ごす。
今日は山荘に行く予定でいましたが、トリトンを走る自信がありません。
時間に追われて染織をして居りますが、少し変化の有る風が欲しいもの
です。孫も大きくなってなかなか来られなくなりました。それに犬の
世話があるらしく少し寂しいです。風邪を引いて弱気になったのかな。
明日は久しぶりに出かけて来てくれるとか、何処に行こうか算段して
います。季節の変わり目、花を愛でるも良いですね。近所の方から
秋をいただきました。こんな実石榴も少なくなりました。嬉しいな〜
少しのたわいのない話もたまには楽しいもの、いつも色んな木々を
持って来て下さる。山荘は彼女の木々で満載です。

2007/11/08

爆蘭「はぜらん」 別名三時草という。写真はいただきものです。
結構良いデジカメですがこの三時草はなかなか中々撮れません。
近所の方にこの三時草を差し上げる。此花は主人の母が好きで
結婚してニラの苗をいただきそれに付いて来ました。もう三十年の余にもなります。
毎年この時期になるとそう三時頃に咲きます。可憐な花です。
工房のいたる所で咲いています。決して「蘭」ではありません。
花の種がはじけ、小さいけれど蘭のような花が咲く所から名が付いたらしいと
言われています。名前が知りたくて図鑑を買って検索をして調べてみました。
「はぜらん」可愛い花の名ではなりませんか。ますます可愛くなり、また母を
思い出します。

2007/11/29〜12/01

久しぶりに旅に出る。 目黒の日本民芸舘展を見に出かけた。初めてのことで東京の生徒さんが車で品川まで
迎えに来てくれて、そこから会場にさらに彼女の海の別荘と移動する。 ハードな旅の始まりでした。
会場内を1時間かけて見て回り、彼女の家に出かけて機の様子を見て、三崎へと向かった。途中幾つかの
高速道路を走り抜けた。運転は都内をビクともせず走る訳でさすがに上手い、一時間で快適に走る。
しかし私も運転者、乗せていただく事はあまり無い。正直怖かった「降ろしてくれっ」と叫んでいました。
(苦笑)
どうにかこうにかの道中だったけれど景色も良いし、ベイブリッジも良かった。ベイブリッジは名古屋の
トリトンと風景を間違えるほどに似ていた。どこも湾外道路は綺麗ですね〜。
別荘には彼女は週末来ては染色をする場だそうです。風が強くて作業の苦労はあるようだが、染材の成る
木を植え、野菜を育てているとのこと。高速の1時間はかなりの距離であり、私たちもこういう自然の
暮らしをしたいと感心しました。 染織も自然に良いものを作りたいと工房まで通って来ている訳ですが、
私達もより真剣に指導させていただこうと感じた次第です。
翌朝三崎口から京玉線で横浜へ出て、八王子〜清里にと移動しました。四年ぶり事故以来です。
自然は変わりなく迎えてくれました。八ヶ岳はしっかり冬景色をしておりました。名古屋に近くなるほど
紅葉が綺麗で久しぶりに二人旅をしました。

2007/12/08

秋深まり冬がやって来る・・・
寒くなれば林檎が白菜が甘く美味しくなります。最近は
いたるところにJAの店が多く出来て、取立ての美味しい
野菜や果物が手に入ります。この林檎は戴き物ですが
規格外のものも多く、いただくにはかまわないものが安く
手に入ります。冬といえば沢庵漬け、白菜漬け等作るものが
多く、娘たちに生徒さん達にいただいてもらう喜びを感じつつ
主人は作っています。ジャムも苺から始まりイチジク、林檎と
今年は花梨のジャムに挑戦したく思っています。

2007/12/11

指導を始めて20年の余に成りますが、今日のような事は初めてのこと。
私達と合わせて7人で作業をしました。通常は一日1〜2人を指導します。
東京から昨日から来ている人、5人の生徒さんとそれぞれ違う事をして指導しましたが、
少してんやわんやでした。藍染めをする人、ドラムをする人、筬通しして織り始める人。
煮染めをする人と、それぞれ違いますが人の作業を見て勉強になったようです。
戴いたケーキとお茶で一休み、みんな楽しかった!と聞いて一安心。佐織機を持ち込んで
織りを始めた生徒さん。どうしても狭くて細い糸が織れない。少しお金をかけて、
横木を長くして織り始めました。今回経糸20/2を掛けましたが思いのほか良い感じに
織れ始めました。

2007/12/15

孫のかぎ針編み・・
毎回我が家に来れば手仕事をして過ごす孫達と久しぶりにかぎ針編みをした。
4〜6年の子どもには長い時間おなじ事を持続させることは難しい。昨年は棒針編みでマフラーを作った。
基本で終わってはおもしろくないとピンクッションをつくることにした。1枚作った所で大きなため息が
聞こえる(苦笑)二人で2枚合わせて1個のピンクッションにする?と聞くと「まだ作る」と言う。
二日がかりで出来たピンクッション。色は全てハーブ染め。ハーブのサンプル色なのでいろいろ。
今日は喜んで持って帰った。

2007/12/21

キッチンマットを織りましたが、使っていただいている所を見て、
マット自体が今まで織ったマットより経糸を混ませて織っています。
マットに乗っていても滑ると言う感じも無く、とても良いマットでした。
使って見て感じてそれが暮らしの道具、暮らしに生きるものを織りたいと
痛切に感じました。しかし織ることは大変でした。糸が太く、硬く、
重いの三拍子です。今回は40cmと狭いものでした。
次回は広幅を注文を受けて織りの準備に入っています。

   9〜10月の日記へ     ふたりごと(最新版)へ   2008年 1〜6月の日記へ    HPのトップ