2007年 7〜8月の日記


2007/07/02

07年度名博搬入・・・
名古屋市博物館をお借りしての展覧会は今年で7年になる。テーマを決めての展覧会は今回限りになる。

今年のテーマは風呂敷縞。明治から昭和と風呂敷は暮らしにとても大切なものであった。今では時代劇を
目をさらにしてみなければお目にかかれないものなった。今年も鈴鎌さんから貴重な資料として風呂敷4点と大風呂敷5点をお借りした。大風呂敷は箪笥に掛けたり、布団を包んだり綿を締まったりと、それを風呂敷に
するつもりで初めからできたものではなく用途に合わせて風呂敷にして使ったと言うものである。

また今年は地を白地にして「逆縞」を展示してある。
山荘勉強会にて「縞割を決めて各自で糸、撚り、色と変えて」織ったもの。三つのテーマに分けて展示して
おります。どうぞお出かけくださいませ。

2007/07/03

初日から待っていたと東京から駆けつけてくださった。
この方は毎年そうである、感謝です。
「縞展」は無いと言って懐かしく見て下さった方、
長年セルを織りつづけていたと話してくださった方、
自分はもう廃業していると懐かしがった人、
セルや半セルをどうぞ織ってくださいとエールを下さる方。
ありがとうございます。
今年も展覧会をさせていただいた事を感謝しています。
手仕事を大切にやり続けて欲しいと多くの方にエールを戴く。
会場に入って見ていただければ何かを感じていただける展覧会
だと思っております。
どうぞお持ちしております。私たちも会期中はずっと居ります。

2007/07/04

今日のギャラリーは人で賑わう・・・
毎回であるが今年も新聞に載らない。送ったFAXを担当者がタイミングよく
取ってくれれば載るらしいが、観覧者は多くて悲鳴と言うわけには成らない。
しかし今回毎日のように名前も分からない人から「もう7回目ですね」と
お声が掛かる。毎年楽しみにしているんですよと声を良くかけられる。
これが一番感謝である。

今年も頑張って染織した成果なのですよ〜と言っても見ていただかなければ
人にはわからない。染織をしている方から色が良いからと言われて来た。
セルを扱う仕事していたので「セル」懐かしい言葉に誘われて来てみたら、
良い仕上げだと誉められた。その一言から今年も名博でする!とエネルギーを貰う。
二人工房の染織は素晴らしいと指導している本人達が再確認する場でもある。
この良いものを使って欲しいとこの秋から京都で販売を兼ねた展覧会をする。
着ていただいて感じて欲しい。手機の染織 「本物を身につけてほしい」
着て使って育てて欲しい「尾州の縞」この仕事をしてよかったと感じる時間です。
是非お出かけ下さい。

2007/07/06

展覧会で思う事・・・
「継続は力なり」年々回を増す毎に感動する。来ていただいた
全ての顔を覚えておれず失礼する事が多々ある。にもかかわらず
毎回来て楽しみにしていると話してくださる事の多いこと。
昨日は遠慮がちに「こんな作業着ですが良いですか」と、
新聞を見ておいでいただく方もあった。
「尾州の縞」と書いてありどうしても見たいと二人づれでお出でになる。
縞が好きでなかなか見ることができない。ギャラリーは敷居が高いと、
何度も廻りながら見てくださった。
「久しぶりです。」「「明治の縞展」見ては縞には物語がある」とか。
「なつかしい」と言葉をいただき、少し自分も感動を忘れていました。
今回はおいでいただいた方と話をしっかりして、もう一歩出る勇気を戴きました。
みなさんありがとう。

今回はまた着物でおいでいただく方も多かったです。着物好きです。
先生は着ないのと言われるのですが、毎日7時に出かける訳で、
出かけるまでにやる事が多いなど理由を付けてなかなか着ない。(苦笑)
先年は何度か着ましたが今年はまだ着ていない。今年は少し疲れて
会場につめるがやっとなのです。いけませんね〜 今日はお花を戴きました。
東京から持ってきてくださったのですが持込が出来ません。
家で活けさせていただきました。
みんなからエールをいただきもうすこし頑張りたいと思っています。
反物の販売は京都の「織成館」で秋9月にいたします。

2007/07/07

毎日充実した展覧会をむかえる。
セルを長年仕事して来た方からお褒めを戴いたウール着尺。
同じ縞をテーマにした「和・なごみ」勉強会縞などを
見ていただきました。
縞を見る、縞を組立てるには良い勉強です。
毎回色が良いと来て下さる方もいらっしゃる。
縞は織りと色が命です。
着ていただける着尺を提供したいと切磋琢磨して参りたいと
思います。
会場の様子は 
名古屋市博物館 「尾州の縞展」2007
でご覧ください。

2007/07/08

名博終わる・・・
会期を終えました。遠方のかた「東京・茨城・福井」等から
駆けつけて下ってありがとう。今回も染織をしている方々に見ていただき、
染織や色を感じていただけたと思っております。
これからも海を汚さない染織をしなくてと痛感する会期でもありました。
大勢観覧感謝いたします。 ありがとうございました。

2007/07/11

ふたりごとの6月28日に絞りの浴衣の事を書きましたが、
完成してゆっくりと湯とおしをして竿に干しました。
10年近く前に絞って浴衣を染めたのですが、しっかりと
染まっていればどんな所にあろうとも、色が明らかに
抜けたりはしないと確信が持てました。
何度も何度も染め重ねた一品です。
こんな形で孫達が袖を通してくれるとは夢にも思って
おりませんでした。今年6年生と4年生の孫達が着てくれます。
染織の仕事を続けてよかったと思う瞬間です。

2007/07/13

花も避難・・・
今日から越前町の八坂に祇園祭に奉仕に出かける。
台風到来の様子である。庭の花ばなの避難を済ませて出かける。
このベゴニアは二年目の夏であるが、元気に冬越しをしてこんなに
大きくなりました。1mは有にありいつ剪定をしょうかと思案中です。
枯れるが怖くてなかなか出来ません。。

モシモシ・・・花の話題も良いのですが、13日はわたくしの
3×回目の誕生日ですよ(笑) 
花にすっかり話題を奪われている遅いHP管理人でした (汗)
なるべく早めに更新できるよう頑張ります。\(^o^)/

2007/07/24

染織雑誌が休刊に入る・・・
染織の専門雑誌残念な事に休刊になりました。残念でなりません。
今までいろんな情報ありがとう。此処に感謝したいと思います。
再刊を願っています。

休刊になって改めて大切な情報誌であったと思います。
「平成の縞」として取り上げていただいた事もあり、本の整理を
している所です。主人が本棚を二箇所作ってくれて本が手軽に
見れるようにしてくれるそうです。
まだ全ての本が納まるわけではないのでもう一箇所作る予定です。
本当に改めて染織の情報が入らない事になりました。
染織は人が生きることで大切な役目をもっています。
後世に伝えてゆかなければなら事業ではないでしょうか。

2007/07/26

本棚・・・
山荘と二軒になって家の片付けが出来ずにいて、思い立ったパパは
一気に4本の本棚を作った。半間が3本、1間が1本。素晴らしいと
感心していた私だが、1間を作り据える場所に入らない様子を見れば
なんとかしなければ・・・と考える。
そこがパパ(苦笑)無理やりに入れ込み補強をして本を据えてしまった。
お見事でした。工具がそれなりに持っているので思いつけば短時間で
作る事が出来る便利な世の中である。必要な長さにカットしてもらい
家の中でトンカチ〜トンカチと軽快な音を立てて本棚が出来た。
これで私は満足しています。じっとしていないパパは、体は年並みに
つらいものはあるが出来たできたとにんまりしてしていれば私も嬉しい。
娘がゴミを作るなといつも言うが、家の中を見れば要らない物が
あふれている今日この頃です。

2007/07/27

梅干しと瓜漬け・・・
7月20日頃に梅を塩漬けにして水は一晩で上がり、紫蘇が出れば
紫蘇を入れて漬けて置く。土用に入れば梅を日に干して甕に保存して
いただく。液には戻さない。今年は梅の色付きも良く満足です。
ありがとう。
かりもりは毎年生徒さんにいただき漬けていたが、いただくを
待ちきれず昨年から何回かに分けて漬ける。全て同量にして漬ける。
美味しいですよ〜。これまたありがとう。
私は毎回いただく人です(笑)。

染織は外の作業が多くて、庭掃除や漬物等を楽しみながら行って
います。工房内を動き回っている主人を眺めながら、織りをしている
私です。そんな私に感謝です。

2007/08/01

パパの誕生日・・・
65歳の誕生日を無事迎えることが出来て感謝。
毎月戴く「朔日餅」8月は八朔粟餅です。
赤福さんからこんなメッセージが入っています。
『「八朔」は旧暦の八月ついたちのこと。五穀(米・麦・豆・粟・稗)の
中で一番早く収穫される粟でお餅をつき、神前に供え贈り合いました。
それが八朔餅、お中元のはじまりでした。』
なるほど・・・教えられていただく御餅も美味しいもの。
今からも健康で動きまわって頂きたいと祈りつつ。


2007/08/03

木立ベゴニア・・・
昨年の春に挿し木をしたものを戴く。それがこんなに大きく
なって、そろそろカットをしてやる時期が来た。パパは
なかなかカット鋏が入れられないでいる。
ここまで大きくなって来てずっと咲き続けているのである。
可愛い花である。
冬中咲き続けて元気な事。台風ごとに家に入れて避難をさせて
いるが大きくなりすぎてようやく1本カットした。
土と水に分けて挿してみた。成功すればほかの枝もしよう。
どうぞ・・・根が出ますように〜。

2007/08/11

盆休みで山荘に・・・
娘の所がラブラドールを飼い始める。山荘に工房にと移動させて連れてくる羽目になる。
山荘には非常に合う光景である。犬の散歩で立ち止まる時もあり話が弾む。無駄吠えもしない。
居るのを忘れるほどである。犬との盆休みが始まった。朝5時頃起床して散歩に出かける。
色々なしつけの最中である。しぐさ等を見れば癒されもするが世話が大変である。パパも
一緒になって気をもんでいる。
三家族が過ごす山荘は少し狭いなぁ。朝夕は必ず雨が降り、工房よりは4〜5℃は涼しく、
過ごしやすい。
12日は宮司は夏祭りの祭事等で帰ったが、他の皆が揃った所で定番の焼肉をして過ごす。
少ない従姉妹と過ごす時間を我々が生きている間は持ちたいと願う。孫も学年が大きくなれば
部活等で来たくてもなかなか来れないことに時期にもなる。
家族は一番大切なもの、時代がどんなに変化しょうとも・・・私はそう思う。

2007/08/17

じぃじと桃子の煮染め・・・
夏休みに来ればしたい事の中に染めが入っている。明日は帰るので暑いが染めをすることにした。
ショールを輪ゴムで縛って刈萱で染める。蛙の子は蛙か。嫁ぎ先の母も絣作家である。
この孫は今の所染織が好きらしい。染めたショールを父のおばあちゃんに土産において帰ったと聞く。
5歳にもなれば希望が多くてこなす事に追われる。パパ子育ては若いから出来るものだなぁと
感心している様子である。 長いような短い盆休暇が終わった・・・。

2007/08/19

織成近づく・・・
手違いでハガキ作りが遅れる、人任せはつらいものがある。
良い花火を上げたいと願っている。着たい人の手に届けたいと
願いつつ盆休暇も終わり、指導の週にも入る。
この夏の暑さにはまいる。しかし事故から3年が過ぎた。
今の健康を感謝して、染織をさせていただく喜びをかみ締め
ながら今日も頑張ろう。

2007/08/30

野ぶどう・・・・
山に植わっているのブドウは毎年生徒さんが採集して染料に使っています。
春に花が咲き、今時分少し大きな実を付け秋には紫色の実に成長します。
写真は工房に成るのですがようやくこんな実がなるまでに成長しました。
染め色は鼠色を使っています。
だし金で鼠になります。堅牢度も良く、大切な色の一つです。

2007/08/31

今年も美味しい味噌できました。
2月15日に作った味噌がこれ!今から少しずつ食べていきます。
結婚して40年余り作り続けて義母からの贈り物です。
大切に娘たちに伝えていきたいと思っています。
味噌はこれに限ると言うパパが、今は毎年作っています。
感謝ですね〜!!
毎年八坂のお下がりを戴いて麹にして味噌や三五八にする。
そうすればお下がりのお米も生きる。
今年はさらに塩を天然にしてみた。出来上がりの味噌に甘みが
増し良い。何かの話しでスローライフはゆっくり、まったりと
時間が流れるように緩やかなと言う感じを受けるが、けして
手間を惜しまない時間を過ごす事で、まず健康である事が第一
である。ご飯を戴くにも時間がかかる。なぜなら、土を耕し
作物を育て、できたものだけで美味しくいただく流れだから。
水、土、火の管理が必要になるこれが本当のスローライフだと
思います。
私はそのまね事しかできませんが、大切な事と感じています。

5〜6月の日記へ    9〜10月の日記へ   ふたりごと(最新版)へ   HPのトップへ